スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

次の日

2010/10/07 Thu 23:45

朝イチで、いつも行く近くの小さな郵便局へ。

窓口で、受け取った郵便物の中身だけが紛失した旨を伝える。

状況をいろいろ聞かれて、
「確認ですが…先方の入れ忘れはないですか?」と言われたので、
封筒に貼ってある、窓口で発行される切手を見せて

「390円って書いてある意味、わかりますよね?
窓口で直接払ってるんですよ。
それだけの重さがあったということですよね?」
(ややキレ気味)

「確かにそうですね…」

確認作業が事務的で、誠意が感じられない。

紛失物捜索依頼の用紙に記入すると、
「今日本局に郵送するので、お返事には少し時間が掛かります」とのこと。

郵送?なに悠長なこと言ってるのっ

「配達した方の記憶が新しいうちに、
ポストに入れた時の状態を聞いてほしいんです。
郵送なんて言ってないで電話してください。
今日中にお返事頂けなかったら、お客様相談センターに聞いてみます。」

すると、わかりました、電話でも伝えるようにしますとの返事。

最後に内容物について詳しく説明。
「手作りしてくれたものなので、とにかくすぐに調べてください」と言って帰りました。

果たしてちゃんと調べてくれるのだろうか・・・。

すると、5分ほどですぐに連絡がきた。
バイクに残っていなかったこと、
そして配達した人が今日はお休みでまだ連絡が取れていないという報告。

本局から直接連絡をさせるので、
連絡がきた時に、大事なものだということ念を押してくださいとのこと。

強く言わないときっと動いてくれないんだね・・・。

+

そして2時間後。

配達してくれた人から電話があった。

はっきりと名前を名乗り、配達の手順をわかりやすく説明してくれた。

「昨日はゆか様宅方面の人員が足りず、自分は手伝いで4時過ぎに配達に行きました。配達する時は、厚みがあるものやボコボコしたものは束ねられないので、通常の束とは別にします。そして配達前に一つ一つ宛先を確認しますが、その中にゆか様宛ての荷物はありませんでした。ということは、他の大きくて薄いもの(カタログなど)と一緒に束ねられていたはず。なので、すでに封筒の中には入っていなかったんだと思います。郵便受けに入れる時に出っ張るようなものもなかったです。」

確かに郵便受けの中にきれいに収まってた。

昨日の夕方の話だから記憶ははっきりしているのだろう。

この人の話はどうやら信用できそうだ。

++

その人はこう続けた。

「考え出すとキリがないですけど、
少し前に配達されたものを郵便受けから取って
中身を取ってもう一度ポストに投函する、ということも考えられます。」

う~む。

・・・いや、10月4日の消印で6日に届いたのだから、
それは無理でしょう。

そう言ったら配達員さんも納得。

「遡って調べているので連絡を待ってください」
ということで電話は終わりました。

+++

これで、友達が出した郵便局から
配達前まで紛失したのはほぼ確実になりました。
マンションに届いてから抜かれたわけではなくてちょっとホッとしました。

郵便局の誠意ある対応、そして荷物が発見されることを祈るばかりです。
スポンサーサイト
[つぶやき]その他 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
No title
こういう経過をたどったのね。
郵便局も人によって対応がさまざまだよね。
(郵便局に限らないかもしれないけれど…)

本当に見付かるといいねェ…。
No title
このお話を読んでいて、仙台の時にゆかちゃんからもらった、
お手製お手玉を落としたときのこと、思い出したよ。
あの時はお店に電話しても、そしてそのエリアの交番に電話してもダメで。

無くなってしまったことが一番悲しいけれど、
その後の応対によって、また想いは違うよね。

見つかると良いけど・・郵便事故、経験あるけど
厳しい状況だよね。
No title
>ねぎちゃん
無事見つかったんだよ~。
草加の本局に来てから抜け落ちたみたいでさ。

ホントに人によって対応は様々だよね~。
郵便局に限らずだけど…。
一人一人が企業の顔だと思って、
誠意ある対応をしてくれるといいんだけどね。


>さちこさん
そんなこともあったね…。
お手玉は大したものじゃないんだけどね。^^;
拾った人にとってはたぶん全く不必要なもの。
届けるひと手間が面倒だったのかもね。

今回、無事見つかったんだけど、
応対に、ん???と思うことが多々あったよ。
裏側見たさに、一度働いてみたいと思ったほどよ(笑)。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。