スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 今日の夕飯のメニューは
 ・えぞめばるの煮付け
 ・アジときゅうりの酢の物
 ・えのきとふわふわ卵のスープ

 久々に全品サエの好物、という食卓。

 二人でゆっくり食べたいのに、ナオが色めきだってる。サエも私もまずはスープをごくごくと飲み干し、あいたお椀は速攻で片付ける。ナオは魚を目指して必死に手を伸ばす。届かないとテーブルの周りを伝い歩きして近付いてくる。私たちはお皿を持って移動する。でもつたい歩きも早くなってきてすぐ近付いてくる。

 いたちごっこでゆっくり食べられません。ふぅ。

 ナオのご飯だってちゃんと用意して一緒に食べさせるんだけど、どうも母や姉の皿のほうが魅力的らしい。(-_-;)

 3日前に、いつもの座卓での夕飯をダイニングテーブルに変えてみたんだけど、高い位置に無理矢理手を伸ばしてナオが転倒。後頭部を強打。というのを何度かやって、これも落ち着かなかった。

 大人と同じものを食べられるようになるまでの、あと少しの辛抱なんだけどさ。(-_-;)

 それだけじゃなく、最近、ゆっくり○○ができない!という不満がたまりがち。食事のしたくも、食事も、トイレも、お風呂も、すべてがバタバタ。新聞なんてぜったい座ってなんか読ませてくれないし、食事の支度も、ナオが私につかまり立ちするから危なくてキビキビ動けないし、キッチンにつかまり立ちするとコンロの下に内蔵されてる魚焼きグリルにちょうど手が届くから、魚焼いてる時はヒヤヒヤもの。サエはサエでお手伝いしたい盛り。今日は使わずにしまおうと思った生卵を割られてキッチンマットに黄身が・・・。(--#)

 私を邪魔する子供たちの行動はどれも、私や私がやってることに対する興味からくるもの。だから叱ることではない。わかってます。でもイライラする。その気持ちを押さえ込もうと我慢するのがまたストレスなんだよなぁ。

 というわけで、友達に育児書借りて読んでます。

  

 「子育てハッピーアドバイス」1万年堂出版 明橋大二著

 すごく納得のいく内容で、この本を読んだ後は子供に少し優しくなれます。オススメです。
スポンサーサイト
[家族]ネーチャン | コメント(8) | トラックバック(1)
コメント
私も読んだよ~
1巻目だけだけど。本屋さんで並んでたので買ってみたんだ。
これから先にも役立ちそうだよね。

ナオくん、つかまり立ち上手なんだね。
サエちゃん同様歩くのも早いんじゃない?頑張れおかあさん!
>サチコさん
ありがとう~(T T)。頑張る~。

ナオはサエと違って慎重なタイプかと思ってたら
そうでもなくて、まだ一人で立てないくせに
急に両手離しちゃったりするの。
あーーー!っと思った時はすでに遅く、そのまま後ろに倒れて泣くのが一日に何度も。後頭部、相当鍛えられてるよ(笑)。

サチコさんもこの本持ってるんだね。
私も買うつもり。
読むと冷静さを取り戻せるから、手もとに置いときたい本だね。
この本、売れてるみたいね。
新聞広告でもよく見るよ!

小さい子のいる大変さをべーくんの日記で久々、思い出しました。
過ぎてしまえば、懐かしくて笑い話なんだけど、渦中のときはそういう余裕なんてなくて当たり前よ~~。

ママだって人間だもの。
わ・た・し・も
実は今更ながら私も読んだよ~。


それぞれ育児バイブルって大事だよね。
ちなみに私のバイブルはこれ↓
http://www5f.biglobe.ne.jp/~smileylife/book/book_fujinnotomo_1.html

3人の子育てに神の手のように思えて、本当に汚れるまで読んでいました。

それにしてもお茶碗を持ってにげるサエちゃん、目に浮かぶようでカワイイ~。
ナオ君も必死なんだろうけどね♪
二人ともがんばれ~♪
うちなんて1人なのに・・・
未だにいっぱいいっぱいになってます。
それもしょっちゅう・・・
微笑ましい光景ではあるけれど、当事者としてはなかなかねぇ。

私もその本読みました(^^)
不思議と読んだ後は優しいお母さんになれる~♪

>たまちゃん
「たまねぎ ねぎお」が「あいだ みつを」に見えたよ(笑)。

世の中のお母さんみんなが通ってきた道なんだよね。
余裕なくて当たり前と言ってもらえて肩の荷が下りた気分。(^^)
笑い話になる日まで、きっとあっという間だよね。


>kumiさん
お茶碗持って逃げる3歳児と36歳児。
客観的に考えたら私も笑えてきました。(^^)
ナオとのガチンコ勝負!
負けないように頑張ります!

kumiさんのバイブルも気になるー。
最近サエの間食についてちょっと迷うところもあるので、読んでみようと思いまーす。


>ゆうさん
私から見たらゆうさんは穏やかで、サキちゃんもいい子だし、余裕で子育てしてそうに見えてました。
でも、一人でも二人でもやっぱり大変ですよね。
共感してもらえて励まされました。(^^)/

この本読むと優しくなれるんだけど、短気な私は効果が長続きしなくて。f(^^;)
しょっちゅう読まないといけないから、やっぱり買って手もとに置いておかなくちゃ。
はじめまして。
ゆか様


1万年堂出版のトシと申します。

大人から見ると「邪魔」に思える子供の言動も、
本人にしてみれば好奇心からくることなんですよねぇ(-~-)

分かっているから怒れない、怒れないからストレスがたまる、、、(*o*)
そんな時に是非本を開いてください!

これからも『子育てハッピーアドバイス』シリーズをよろしくおねがいします(^^)ノ


1万年堂出版のブログで紹介させていただきました。

http://spn61170-02.hontsuna.net/article/2171189.html

子育てに頑張る皆さんの、
憩いの場を目指していますので、
ぜひ遊びに来てください(^。^)ノ
>トシさん
ブログ、拝見しました。
ご紹介ありがとうございます。
他の方の記事もちょこっと読ませていただきましたが、みなさん、悩みやストレスを感じつつも前向きに子育てされてる様子で、私もがんばろうって思えました!

「ハッピーアドバイス」はその後結局購入しました。
子供たちにつらく当たってしまったなぁと思った時に読んで、心を鎮めています。

管理者のみに表示
トラックバック
今日のハッピー仲間さんは ゆかさん   ↓ http://mnikkiblog.blog22.fc2.com/blog-entry-377.html です。 それだけじゃなく、最近、ゆっくり○○ができない!という不満がたまりがち。食事のしたくも、食事も、トイレも、お風呂も、すべてがバタバタ。新聞なんてぜ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。