スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おひなさまとしょうきさま

2007/02/05 Mon 23:20

070205_1.jpg


 節分が終わったのでおひなさまを出しました。

 我が家のおひなさまは私の両親に買ってもらったもの。実家の近くにある人形の町“岩槻”で一緒に選びました。顔も着物も気に入っているので毎年飾るのが楽しみ♪

070205.jpg


 ところで...年が明けてから「ナオの分はどうしようか」という話がマサキチ実家から来ています。こいのぼりは賃貸マンションだと飾るのが大変だから、お菓子に付いてる程度の小さいものでいいよね(笑)ってことになったんだけど、家の中に飾るものをどうするか打診されています。マサキチのはガラスケースに入った「鍾馗様(しょうきさま)」。子供が怖がりそうなこわ~い顔をした髭をはやしたお人形。「気に入ったら持っていっていいよ」と言われてるんだけど・・・。そういうのってすごく有り難いんだけど、できれば小さい兜かなんかがいいんだけどなぁ。悩みどころデス。
スポンサーサイト
[つぶやき]その他 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
またまたおじゃまします。
しょうきさま・・今私がなきそうになりました(笑)

こういう置物がニガテな私は、
ムスコの節句の飾りは兜と矢?のセットにしました。
ちなみに仙台においとくとカビはえそうだし、こどもの日ってGWだから、私の実家においてます。
ただ、今年はGWより前に帰るから、どうしようか・・・。

仙台には「伊達政宗仕様」のものがありましたよ。
転勤族の方は特に「記念に」とかわれますよ、と勧められましたが・・・。
>ぽるちゃん
しょうき様、夢に出てきそうでしょ~(笑)。
私もこういうお人形がちょっと苦手。
時々兜の中に顔形?が入ってるのがあるよね。あれもコワイ。

ぽるちゃんは伊達政宗仕様のにはしなかったのね。
私はそういう地方の記念の品に心動かされちゃうタイプ。
鯉のぼりならぬ金の鯱のぼりがあったらそれでいいかも(笑)。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。