スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

日曜大工見習い

2006/04/28 Fri 23:25

 先週末、常滑の雑貨屋で買った流木フックはこれ。玄関に飾っています。ちなみにお値段は3000円弱。
06_04_24_20_01ryuuboku.jpg


 で、日曜大工なんてほとんどやったことないくせに急にやってみたくなっちゃったワタシ。ウチにあったインテリア雑貨の本を参考に、簡単な3連フックを作ってみました。
jisaku.jpg

 携帯画像ではわかりにくいかもしれないけど、アンティークっぽく仕上げてみたつもり。作ったばかりのサエのバッグやアンティークキー、麻紐で編んだミニバッグ、お気に入りのポストカードを乗せてみたりして、ちょっとしたディスプレイスペースになりました。

 参考までに、材料は100均で杉板・水性塗料(白)・アクリル絵の具(アンティークカラー)・万能ハケ・剣山・紙やすり・紙やすりホルダー、ホームセンターで木製フック(ネジ付3個入り・¥250)を調達。TOTAL1000円くらい。

 本に載っていたアンティークな雰囲気の仕上げ方というのが面白い。
 カットした板に茶系のアクリル絵の具をざっと塗って、乾いたら上から白い塗料を薄くムラがあるように塗る。それが乾いたら少し厚めに白い塗料を塗り、完全に乾いたら、剣山で角の辺りに重点的に傷をつける。その後、木の毛羽立ちをなくすようにやすりをかけ、全体にもやすりをかけて少し白い塗料を落とす。そうすると「使い込んだからペイントが少しはげちゃってます」みたいな仕上がりになるわけです。

 ペイントするのってすごく面倒かと思ったけどそうでもなかったし、初めからちょうどいい長さと幅の板があればカットする必要もないし、思ったより簡単で楽しくて、これはまた作りたくなっちゃうかも。材料費も初期投資でこのくらいだから、次に同じもの作ろうと思ったらもっと安く上がるしね。
 もっといろいろ作れるんじゃないの?なーんて思い始めちゃって、次に作りたいものが頭に浮かんできています。でもただでさえ手芸の在庫がたまりがちなので、板の在庫は持たないようにしなくちゃ(笑)。

--------------
参考図書 主婦の友生活シリーズ「Smile!インテリア」主婦の友社
スポンサーサイト
[趣味]工作 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。